酔拳

<   2010年 04月 ( 9 )   > この月の画像一覧

劇団四季 『アイーダ』

劇団四季のアイーダを初めて観劇に行ってた。

すごい!すごすぎる!
タイトルロールだけあって、アイーダ役は気品と強さをもち、歌声も何ともシビレル。
最初ラダメス役の人がちょっと変わったセリフ回しで歌い方も?だなーと思ってけど、
見終わる頃には、すっかりそんなこと忘れるくらいに引き込まれていた。

気づけば、一幕が終わった休憩時間ですでにCDを購入していた。。。

そして、いたるところで涙腺がゆるむ。感動シーンでもないのに。
歌声に迫力があり、歌声に圧倒されたみたい。歌の力ってことかな?

残念だったのは、昼間講演ということもあるのか、後ろの座席がガラガラ・・・
でもお菓子とか、Tシャツとかのグッズ収入があるから、平気なのか?ってぐらい
関係ないお土産がたくさんあった。

あと、カーテンコールでアイーダとラダメスが着替えてくれなかった事。
大きな劇場じゃないから、そこまでしないのかな?ちょっと残念。。。

とにもかくにも、この舞台はもう一度みたい。必ず夏までにもう一度。
誰か行きたい人がいましたら、私までご一報くださいませ
必ず付いていきます^^
[PR]
by hohohos | 2010-04-22 22:45 | 舞台 | Comments(0)

一足早い誕生日プレゼント

e0041324_8211212.jpg

四月は父さんと母さんの誕生月だけど、互いのプレゼントは熱帯魚にしていたはずなので、16日の父さんの誕生日にプレゼントを用意していなかった母さん
母さんがお風呂からあがるとjr,が「かぁかぁ、プレゼント」と何やら持ってくるじゃない。

!

父さんからの誕生日プレゼントだ!

母さんの誕生日は25日。
明日母さんはお芝居をみにおでかけする予定だったので、早めに渡してくれたんだって。

中身をあけると、メッセージカードにジュニアのシールがはってある

このシール!
たまたま今朝父さんの仕事道具の中にあるのをみつけて
「なんで隠してあるんだろ?」と出してジュニアに渡そうと思ってたんだよね
そうか、父さんは初めからそのつもりでシールを準備してたんだね

…あまりに律儀に母さんにプレゼントをくれる父さんにたいして、母さんは…
結構ヒドい対応している。
去年のマカオ旅行に餞別をもらいながら、行く前に日本で靴をかったはいいが父さんへのお土産かってきてないし

はぁー、父さんには頭があがりません
[PR]
by hohohos | 2010-04-21 22:21 | | Comments(3)

♪屋根より高すぎるこいぼり~♪

今週末のjr

保育園で聞いてくるのか、鯉のぼりの歌を歌いだしてご機嫌だ。
父さんが「♪屋根より高すぎる~♪」と歌うと
「ちがう!やねよりたかいこいのごり~♪」と何度も歌ってくれる。
こいのごり、のあたり、可愛らしいねぇ。

4月生まれの父さんと母さん
お互いの誕生日プレゼントは「熱帯魚を飼う」ことになった。
飼育担当は(勝手に)8:2で8父さんということで^^;
保育園の熱帯魚がやたら立派で奇麗なもんで、
jrは毎朝晩見るのが日課になってる位お気に入りなのでjrも気に入るだろう,と。
そこで近くの熱帯魚やさんへいくと、jrが鼻息あらくして大興奮!
気持ち悪い光る緑のイソギンチャク(みたいなの)をみて母さんが「うげ、気持ち悪い」というと、jrがまたそこを見に行き「うげ、きもちわるい!」と何度も大声で連呼している。
・・・うかつに口を滑らせられないわ。。

しかし、アクアリウムとして置くにはリビングか玄関がよいんだけど、
リフォームして住み始めた我が家では角という角がすべて埋まっていて、
熱帯魚をおく場所がない。
おけるとすれば30cmのミニサイズだ。うーん。。。。、
[PR]
by hohohos | 2010-04-18 21:01 | Jr. | Comments(0)

駐車場

今まで開かずの扉で、中身は空っぽでした。それが・・・
e0041324_1404019.jpg

わ!駐車場になっちゃった
e0041324_1404010.jpg

ある時、急にここに車を並べ始めたので、
これ幸いと毎日ここにお片づけしてもらうようしました。
今までは雑多におもちゃ箱に入れてたんだけど、そのお片づけより
ここへのお片づけのほうが上手にできているみたい
[PR]
by hohohos | 2010-04-17 14:00 | Jr. | Comments(0)

青梅鉄道公園

e0041324_085265.jpg
jrが前に行った青梅鉄道公園のパンフレットを大事にとっており、思い出したようにそれをみて「また行こうね」と毎回いう。先週それを聞いた父さんは「じゃあ行こう」と週末にいってきた。
e0041324_091173.jpg

鉄道公園とはいうものの、jrにとってはコインでのれる動く電車が楽しみらしい。
一応、お父さんのリクエストにこたえて、こんなのにも乗ってみた。
e0041324_0113567.jpg

父さんはひーひー笑いながら見ていた。確かにおとなの乗るもんじゃないよね・・
[PR]
by hohohos | 2010-04-14 23:06 | おでかけ | Comments(0)

保育料 高!!

今年の保育料通知がきて、今朝目を通した。
・・・保育料 高!!月額39,300円!
・・・朝からなんとも沈鬱な気分になる。年間50万か

思い返せば
0歳児:3500/月 母さんは育休で扶養控除内。
            父さんは自営起業したばかりで所得税安かったからな・・・
1歳児:33000/月 母さん仕事復帰。父さんも仕事が軌道にのる。
2歳児:39300/月 父さんの仕事が軌道に乗ったってことだろうけど、ううっ、高い

去年も高いと思ったけど、増加か。。。
でネットで調べてみたら、やっぱり皆同じようなこと考えてるようで色んな書き込みがあり、
『月3万円でも20日預ければ1500円/日でおやつに昼食・保育がつくんだから』とあった

そうすると我が家は土曜出勤のある母さんは39300÷26日≒1600円/日
一日預けてこの額なら納得できるか。保育園にいけばお友達もいるしね。

ましてや、0歳児の保育には30万/月位かかるという(どこの地域か不明だけど)
支払った以外を税金でまかなっているとすれば、かなり破格だし。

そう考えることにして、沈鬱な気分を忘れることにしよう
3歳児以降になると保育料が下がるんだけど、jrが3歳児だったら21600円だった。
うーん、半額か。
[PR]
by hohohos | 2010-04-13 21:23 | Jr. | Comments(0)

ガンダム祭り

e0041324_845141.jpg

…気づくと勝手に私の携帯にガンダムの写真が撮られてるんだよね

隣の棚にズラッとならぶガンダムを数えて、「まだ13体か(^〜^)」とにやつく相方
(ほかに大きな戦艦ムサイやホワイトベースもあるんだけど…)

私に名前を覚えさせようと、○○ガンダム、××ガンダムと教えてくれるんだけど、興味ないので勿論スルー
なのに根気強く勝手に教えてくれるんだよね

あ、ムサイとか覚えてるあたり、既に術中にはまってるの?
[PR]
by hohohos | 2010-04-12 08:04 | Comments(0)

4月

e0041324_1156471.jpg
4月。

新年度。

かあんさんの有給も復活♪ 

母さんの誕生月(ちなみに父さんも誕生月)









4月1日は毎年社長の誕生会という名の会社のお食事会だった
美味しい焼肉をたべ、居残り組みでカラオケで久しぶりに熱唱!
・・・翌日終電で帰ってきたと聞いた父さんの冷たい視線なんて気にしません。
だって楽しかったもの

4/3久しぶりの土曜休みだったので、踏切り大好きなjrと一緒に
『電車に乗って踏切を見に行こう』ツアー
母さんの通勤は西武線なので、いたるところに踏切がある。
ということで母さんの会社までjrと手をつないで通勤、ならぬ遠足をしてきました

4/7目黒までおつかいに。
通ったところがすごい桜景色で思わずぱしゃり。
一瞬の花見体験。
[PR]
by hohohos | 2010-04-07 21:56 | | Comments(0)

2010.3月 読書歴

◆『雷電本紀』飯島和一 江戸時代の相撲のお話
今までよんできた歴史ものに比べると、悲惨な描写が少なくて暗くならずによめたかな
「がっぷり四つ」という言葉が印象に残った。面白い日本語だよね

◆『かばんはハンカチの上におきなさい』川口修
生命保険会社の超売れっ子営業マンの営業テクニック?
営業のノウハウではなくて、営業とは「人と人との信頼」だと。読んでいて、数年前によんだ林文子の『失礼ながら、その売り方ではモノは売れません』を思い出した
林さんはホンダ→BMW→フォルクスワーゲンのトップセールスを誇り、いまや有名会社の取締役を歴任している.。この本にもやっぱり人と人の信頼が大事だというようなことが書いてあった。どちらも営業にかかわらず、どんな職種でも参考になる良い本だと思う

◆『かくも罪深きオペラ』中野京子
「怖い絵」の作者 時代背景・ギリシャ神話などを踏まえて絵を見る視点を教えてくれ、
世界史好きとしてはたまらない。
1-3月NHK「知るを楽しむ」で「怖い絵」をやっていたので、
思い出したように中野京子の著作をよんでみた。
この本もオペラの作品というよりは、その作者がどういう生い立ち・背景をもってしてその作品がうまれたか、というもの。モーツアルト好きの私には、モーツアルトが150cmたらずの小身だったと知り、彼の不遇も幼少時代ちやほやされたが故に世渡りのすべをしらない、傲慢な大人になってしまったのだと、妙に納得

◆『きっと親子がしあわせになる「抱っこ法」―泣いて甘えて子どもは育つ!』阿部秀雄
◆『子供の泣く理由がわかる本』阿部秀雄
図書館で予約していたのが、次々と届いて育児書が続く・・・
おとな心の親心 親の子供時代のトラウマが原因の時がある
親も泣くことで、心の奥底の痛みに思い当たることがある。
泣かせない子育てではなく、泣かせて大丈夫
泣いてるときも手を添えて(抱っこして)きいてあげる

◆すき・やき 楊逸 中国人作家
中国留学生の目からみた日本。一言「みずみずしい」ね。

◆『フリー』~ <無料>からお金を生み出す新戦略~ クリスアンダーソン
論文調でちょっと難しいんだけど、google,マイクロソフト,リナックス、中国のコピー等、知ってる名称・事例が出てくるので読み進めるのは苦ではなかったかな。
・・・無料をもとに別のビジネス展開を、ってことなのかな。
[PR]
by hohohos | 2010-04-01 21:47 | 読書歴・絵本 | Comments(2)



テニス始めました♪
ブログパーツ
最新のコメント
お気に入り
フォロー中のブログ
カテゴリ
以前の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧