酔拳

カテゴリ:舞台( 11 )

劇団四季 『アイーダ』

劇団四季のアイーダを初めて観劇に行ってた。

すごい!すごすぎる!
タイトルロールだけあって、アイーダ役は気品と強さをもち、歌声も何ともシビレル。
最初ラダメス役の人がちょっと変わったセリフ回しで歌い方も?だなーと思ってけど、
見終わる頃には、すっかりそんなこと忘れるくらいに引き込まれていた。

気づけば、一幕が終わった休憩時間ですでにCDを購入していた。。。

そして、いたるところで涙腺がゆるむ。感動シーンでもないのに。
歌声に迫力があり、歌声に圧倒されたみたい。歌の力ってことかな?

残念だったのは、昼間講演ということもあるのか、後ろの座席がガラガラ・・・
でもお菓子とか、Tシャツとかのグッズ収入があるから、平気なのか?ってぐらい
関係ないお土産がたくさんあった。

あと、カーテンコールでアイーダとラダメスが着替えてくれなかった事。
大きな劇場じゃないから、そこまでしないのかな?ちょっと残念。。。

とにもかくにも、この舞台はもう一度みたい。必ず夏までにもう一度。
誰か行きたい人がいましたら、私までご一報くださいませ
必ず付いていきます^^
[PR]
by hohohos | 2010-04-22 22:45 | 舞台 | Comments(0)

ダンス・オブ・ヴァンパイア

山口祐一郎さんの新作「ダンス・オブ・ヴァンパイア」を姉と一緒に観劇。

最近はレミゼラブル・エリザベートと再演ばかりだったので、楽しみにしていた新作。
姉は先月も観劇して、実は昨日も観劇。
私と一緒に見る本日はナント!5回目のリピート。すごすぎる、姉・・・

思ったより祐さんの出番が少なくて残念だったけど、やっぱり生は良いねぇ
祐さんの劇団四季時代の先輩の市村さんも出演しており、豪華キャストだったかも。
やっぱ、市村さんは舞台人だねぇ。スバラシカッタ!!
[PR]
by hohohos | 2006-08-06 22:18 | 舞台 | Comments(0)

ツイてない一日

姉が知らないうちにチケットをとっていた劇団新幹線、内野聖陽主演『メタルマクベス』を観劇する一日。なので会社をお休みしていたんだけど、
上司が先日寝坊したために私につけがまわってきた。仕方ないので11時まで出社してあげたんだけどさー、私の言ってたこと聞いてた?朝一で出かけてるかと思いきや、私が遅く出社したにもかかわらずまだ社内にいるじゃない。11時に電話かかってきて、「遅くなりましたが・・・」「もう、だめです!」と電話を切ると早々に会社を後にした。
「どっちが上司やら」と思うかもしれないけど、私は最大限譲歩してあげたのに、全ては段取り不足の上司が悪い!!
何しに今日会社きたと思ってんのよーー!とプンプンしながら劇場へ向かった。

お芝居はというと・・・シェイクスピア四大悲劇の一つ「マクベス」を未来に置き換えて、
時の人、クドカンこと宮藤官九郎が脚本のロックな悲劇「メタル マクベス」
席はT席だったけど、青山劇場自体がそんなに大きくないのでまあまあみれたかな。
ちょっと残念なのが松たかこ。彼女の舞台も何度かみてるけど、いつも「全力投球です!」ってカンジで舞台によって必要な色気や弱さといった要素が見えない。
頑張ってお父さんみたいなすばらしい役者になれるとよいね

4時間の長丁場を終えて劇場をでると・・・
「ピカ、ゴロゴロゴロ!ザーーーー」と大雨が!駅までの10分もちろんずぶ濡れで途中の珈琲専門店へ吸い込まれるように入った。珈琲カップがずらっと並ぶ専門店ってカンジ。
もち珈琲も専門店価格だったけど、店員が皆若くてカッコ良かったなぁ。

その後姉と別れ電車で帰路へつくも、普段はかないヒールなのに全く座れず自宅駅へつく頃にはへろへろ・・・。傘を持っていない私にツライ雨は殴りつけるように降っている。でも歩いて3分なので濡れて帰るも足が痛くて歩けないわ、寒いわ、トラックにビシャーー!と水かけられるわ、かなりテンション下がりまくりだ。
お家へ帰って早くお風呂に入ろう、と玄関の前にたった私に更なる悲劇が・・・・

鍵がないっ!相方の出社時間が遅いので鍵をかけずにでてきたので忘れてきちゃった!
うそーん・・・玄関前は強風豪雨のため水浸し。ヒールもずぶぬれで履いてるのもイタイ。
泣きたくなるってのはこういう事いうんだわ。。。
この横雨の中2時間後に帰って来る相方を待つか?と考えるもあまりの寒さと惨めさにそれは断念して頑張って立川で働く相方の店舗へ向かった。駅についたらついたで電車が10分来ない。さむい・・・う。惨めだ・・・
[PR]
by hohohos | 2006-05-24 23:18 | 舞台 | Comments(2)

クラウディアからの手紙

定額のチケット譲渡掲示板にて、なんと最前列のチケットを手に入れたので、いそいそと劇場へ
蔵之介も、斉藤ゆきも大好きなので楽しみにしていた。NHKでも取り上げられた実話だそうだ
e0041324_12584170.jpg
(↑公式blogより)ストーリーとしては、無実の罪でスパイ容疑をかけられてロシアに抑留された1人の男、蜂谷弥三郎。50年間、夫を信じ待ち続けた妻、久子。37年間連れ添った夫を祖国に送り返した、もう一人の妻、クラウディア。その3人の感動の物語。
見終えて、このお話は感動だけでは語れないと思った。
弥三郎はロシアで解放されても、そこは共産国。戦争はとっくに終わっているのに政府の監視が絶えない生活をソ連がなくなるまで強いられていたのだ。ソ連解体ってついちょっと前の事。「戦争なんて遠い過去」と生活していた私たちを裏目に、彼はずーーと戦争を背負わされていたんだ。ソ連解体まで、違うな。日本へ帰ってくるまで彼の戦争は終わらなかったんだ。

舞台の最初はなんだか群舞が踊る演出で「??」ってかんじだったんだけど、
最後のほうはぐーーーとストーリーにのめりこんでいった。
蔵之介も斉藤ゆきも高橋恵子も皆、本当に涙ぐんで迫真の演技だった。
なんども稽古しているはずなのに、彼らの境遇を演じる事で彼らの気持ちと同化するのだろう。
斉藤ゆきなんて手紙を読むシーンで、涙で読むのが大変そうだった。演技とは思えない。

・・・涙がでるって事はもちろん、皆様鼻みずがたくさんでてたっけ。
最前列だからころ、きらきら光ってるのがみえちゃったりして。はは
でもそれを見てる私も涙・鼻水で大変でしたわ・・・・
[PR]
by hohohos | 2006-01-19 23:55 | 舞台 | Comments(0)

おねぇちゃーーーーん

明日の日曜日、日生劇場の「ベガーズオペラ」を姉と観劇に行く予定だった。
前日の夜中に電話がかかってきた。もう、明日仕事なのになーに?しかし、なんだか慌てている
「ごめん!!日曜12:00かと思ってたら、土曜12:00だった!」
えええ-----!私仕事休めないよぅぅぅ。

内野聖陽さん観たかったな。でも仕方ない。という事でチケット代は払えませぬ。
交通費も馬鹿にならないのに、もったいないねぇ。おねえちゃん。
[PR]
by hohohos | 2006-01-14 23:30 | 舞台 | Comments(0)

ディナーショー

姉に連れられて、赤坂プリンスホテルの「CONVOY ディナーショー」へ
convoyは歌・ダンス・タップとなんでもやっちゃうエンターテイメント集団。
どんな人がいるのか全くしらなかったんだけれど、ま、いっかと気軽に参加
(ていっても金額的には気軽ではなかったけれど・・・)
e0041324_151591.jpg
先に食事をするのだけれど、4人がけのテーブルで相席の方達は1人で参加
一人は名古屋から、一人は仙台からの遠征組。ま、姉も新潟からなので、かなりな地方色。
実はこのコンボイってマニアックに有名で、なかなかチケットが取れないらしい。
名古屋の人はナント!3日連続ディナーショーを見るんだって!
宿泊込み¥50,000×3日=・・・・絶句。

食事を終え、ショーが始まると・・・・
まぁ、とにかく歌う、踊る、テーブルの周りを走り回る!!
全然しらない人だけど、近くにきたら「とりあえずタッチ」とばかりにハイタッチ。
だってミーハーな私。みんながキャーキャーいってたら、触んないと損じゃない。

終わってみて
7人の男ばかりのグループ。最高齢はリーダーの47歳で、実は平均年齢40歳!
ふえー、そんなお年でよく3時間も走りとおしましたねー。びっくり
結成20年という事で、どーりで40~50代のおば様達が多かった訳だわ。
男性客なんて5%に満たなかったんじゃないかしら
e0041324_1522136.jpg
さすがに疲れたのでホテルの部屋へ戻ると、CONVOYたちからケーキが届いてた。
うーん、女性にには嬉しい心遣いだわ。
[PR]
by hohohos | 2005-12-22 23:52 | 舞台 | Comments(0)

CAT'S

e0041324_2365485.jpg

姉と観劇。10年前に上京してきて始めてみた舞台(ミュージカル)がCAT'Sだった。
歌とダンスだけの生まれて初めてみる空間。今でもあの時の感動は忘れられない。

シーズンということもあり、素敵なツリーが劇場でお出迎え
にゃんこの耳つきのリース。これは黒だけど、白や茶のお耳リースがたくさんついていた。
俄然、舞台への期待度も高まる姉と私。
e0041324_23105536.jpg

今年の4月に観たので今回は今年2度目。でも何度みても楽しい!!
お芝居ではないダンス&ミュージックだからこそリピートできるんだよね、きっと。
子供から大人まで老若男女が楽しめる舞台だと思う。
みてると自然と笑みがこぼれてくるのだから。

そうそう、猫好きにもたまらない。
中央で歌うCAT’Sを見守るにゃんこが、にゃんこ特有のきまぐれ具合や、
しぐさを忠実に表現(っていうか猫そのもの)
「そうそう、そんなポーズする!そうそう、おちつきないよね!お、悪さしちゃって!」なんて。

舞台も席も円形で、とにかく舞台が近いし、よく席までにゃんこ達がやってくる。
こっちがどぎまぎしちゃうくらい。

来年の8月までロングランするから、また半年後くらいにみにいこーっと。
(でも、チケットなかなかとれないんだけど・・・)
[PR]
by hohohos | 2005-11-27 23:19 | 舞台 | Comments(2)

ブラウニング・バージョン

自転車キンクリーツ『ブラウニング・バージョン』@六本木の俳優座で観劇
初めての劇場でかつ得チケで5000/1枚を3000円で見ることができた。小さな劇場だったので最後列だったけれど、それが14列目なので、舞台まで近かったな。(↓HPより)
e0041324_1312434.jpg
自転車キンクリーツを久しぶりだなぁ、浅野和之さんがでるのか、と足を運んだ作品
内容は・・・ちょっと私には難しかったな。
去年NODA・MAPで浅野さんに興味を持った。今回も熱演してたな。一番の見せ場(主人公・浅野さん)の心の動揺が現れるところでは、脚本のねらいどおりに号泣。ヤラレタ。

その後、仕事を終えた相方と待ち合わせして、新宿の「ベルグ」へ
新宿駅東口にあり、カフェと立ち飲みが合わさった不思議な空間。
ナント、1杯315円でBEERが飲める。
その話をきいてどーしても行きたくてつれてってもらった。
中に入ると。。。込んでる込んでる。狭いけれど、立ち飲みカウンターでBEERを飲みながら本を読んでいる女性(←それも若くてかわいい)隣席ではおばちゃん2人がカレーだか、パスタだかご飯をたべている。あっちの席では男性が思い思いに一人でBEERを飲んでいる。

私はギネスBeerを注文
泡があわわわわわ・・・・なんとクリーミィなの!
TVCMで泡を強調してるのも誇張じゃないね。黒BEER好きとしてはたまりませんわ。
お店はセルフなので、おかわりするのにまた買いに行かないとけないんだけれど、
レジに行列ができていたので、1杯のんで帰ってきちゃった。

これからは一人でフラッと1杯だけ飲みによっちゃうかもしれないなぁ
[PR]
by hohohos | 2005-10-30 22:52 | 舞台 | Comments(0)

歌わせたい男たち

二兎社の『歌わせたい男達』を両国まで観にいってきた。
去年、佐々木蔵之介みたさに初めてみた劇団。『新・明暗』はなかなか面白かったな
脚本の永井愛と、アノ大石静が立ち上げた劇団なんだって。
e0041324_14264995.jpg
(↑写真、二兎社blogより)
今回は公演を知るのが遅くなってしまいチケットはSOLDOUT・・
チケット譲渡掲示板HPでナント3列目どセンターをゲット!!
「ラッキー」と思いきや、はて、そうえいば去年は全国ツアーで橋本へ観にいったなー、
なんて二兎社のHPを確認したら今年もあるじゃないですか、橋本で!
はぁ~、橋本なら近かったのになぁぁ。。。。

何はともあれ舞台はとーーても楽しめました。
戸田恵子さんの舞台は初めてだったけど、すばらしい声と、コミカルな演技がとっても良かった。歌もうまいし(元シャンソン歌手という設定)戸田さんはエンターテイナーだわ

去年も思ったけど、観客はおばさま、おじさまと年齢層が比較的高い。
あんまり観客でおじさまをみかけることってないから、ここは素敵なファン層をお持ちのようです
[PR]
by hohohos | 2005-10-21 23:27 | 舞台 | Comments(0)

エリザベート

今日は帝国劇場へミュージカル「エリザベート」マチネを観にいった。ナント3列目のセンター!
大人気の舞台で、ミュージカルトップ俳優山口祐一郎さんと内野聖陽さんのwキャストで
ホントは大ファンの祐一郎さんみたかったんだけど、内野さんも好きなので喜び勇んで劇場へ。
e0041324_19183552.jpg
は~~~~。内野さんステキ♪
祐一郎さんは劇団四季でトップスターだっただけあって歌で聞かせる人で「静」の演技
内野さんは歌は祐さんには負けるけど、演技で魅せる「動」の演技。なんて、セクシィなの~
あの手の動き、表情!3列めだからこそ、よく見えちゃって。
「エースをねらえ」実写版の宗像コーチやってたなんて嘘でしょ?ってカンジ

私はその後帰ったんだけど、姉はなんとソワレの祐一郎さんの舞台もみちゃったのだ。
ウラヤマシー。舞台見終わると新幹線の最終に間に合わないことに気づいて、悩んでたんだけど、「明日もお休みだから、泊めてね」といって、劇場へと消えていきました。
うー、もし帰ってたら、私が変わりに観にいきたかったのにぃ~

さすがに、姉も我が家へ帰ってきた時は「ツカレター」とぐったりしておりました。。。
[PR]
by hohohos | 2005-09-12 21:18 | 舞台 | Comments(0)



テニス始めました♪
ブログパーツ
最新のコメント
お気に入り
フォロー中のブログ
カテゴリ
以前の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧