酔拳

秋の香り

新潟の実家から自宅でとれた柿と菊が届いた。
①さわし柿
うちの柿は渋柿のへたに焼酎をつけて寝かす「さわし柿」
渋柿の時は種があるんだけど、さわすと種が消え甘ーく変身しているのだ。
実家にいた頃はいくらでも食べられた柿だけどこっちのスーパーじゃ1個100円でしょ?
柿を買うなんて想像も出来なかったものなー。

②菊(かきのもと)e0041324_1314251.jpg

こっちでもスーパーに申し訳なさそうに
小さなパックが売られているけど
あれっぽっちじゃ全く足りないよ!!
ダンボール表面いっぱいに送ってくれた菊

1時間かけて花びらをつばく
さすがに肩がこるわい。


e0041324_132047.jpgそんでさっとゆでて甘酸っぱいおひたしとして食べる
うーん、秋の味覚!
食べ慣れないであろう、相方は・・・?
とみると少々食べるが完食はムリだった模様。
まぁ、菊は独特の香りがあるからね。

去年もかいたけど、菊の花を取ることを「つばく」という

今日読売新聞に写真つきの菊の記事があったけれど、「むしる」と表現していた。
せっかくの風流をとくような記事だったのに、その一言で無粋な記事になってしまっていた
[PR]
by hohohos | 2006-10-28 22:56 | 新潟 | Comments(0)
<< 新しすぎだよ、西松屋 保険屋さん >>



テニス始めました♪