酔拳

jr.くんサッカーの応援

土曜日
jr.の小学校でjr.のチーム主催の総当たりのチーム戦が終日開催された。
jr.のチームは20名近くいるので、1軍、2軍で対戦 jr.は2軍

めずらしく父さんが土曜日休みだったので、次男坊も引き連れ3人で観戦。
ひじょーに暑い一日で、見ているほうも大変だった。やってるほうは尚更だろうけど。。。

終日だったのでjr.のお弁当を用意したのだけれど、学童の弁当を作り続けていたので同じように作成した。
そしたら、サッカーの時はおにぎりだけでよかった、と作ってからjr.に言われた。
いやー、母さんすっかり忘れていたよ。

サッカーのルールや応援の仕方がわからないのだけれど、見ていると、つい応援の声を出してしまう。
今度はサッカーの掛け声?を勉強して、応援に臨もうっと。
(うちの父さんはこういうのは教えてくれない。観戦中にルールとか質問すると「見ているのにウルサイ!」扱い。ひどいよね。)

午後、あんまり暑いので父さんの発案でスイカバーの差し入れをした。(でも配ったのは母さん。)
すこしでも元気が出たかな?

今朝、jr.に「1ゴールいれたら妖怪ウォッチの新しいソフトを買ってあげる」とおもむろに言い出した父さん
(今まで一度も試合中にシュート経験無し)

応援していると、jrのポジションはバックの左らしい?しきりにコーチから「jr.戻れ!もっと左!」と言われている。
何試合かして、父さんが「そのポジションなら、ここにいればいい」とアドバイスしたところ、
なんとかシュートしてソフトを買ってもらおうと、ボールに向かっていっていたそうだ。本末転倒。

父さんは急遽「シュートは無しでいいから、相手からボールを5回カットしたらソフト購入」に作戦を変更
そしたら、「もう3回やったからあと2回だ」などと言い出す。
結局とうさんも負けて買ってあげたのでした。

父さんは1日中暑い中サッカーして、jr.がかわいそうだったな、と言っていた。
母は「かわいそう」とは感じなかった。だって、「一生懸命頑張っていたね」と思っていたから。
いやいやなサッカーでなく、jr.にとって楽しいサッカーをやりとおしたのだから!
[PR]
by hohohos | 2015-08-06 12:56 | Jr. | Comments(0)
<< 母さん会社のBBQ カブトムシ捕獲作戦!! >>



テニス始めました♪