酔拳

かきのもと

3連休前の本日、仕事を終えて新幹線にとびのり、一路故郷新潟へ。
想像以上にサラリーマンのおじさま達で込んでいたけれど、高崎でダダーと下車しくれたので、
MAXの2階へ座ることができた。・・・でも夜だし疲れてたので爆睡zzz景色どころじゃなかったわ。e0041324_2202982.jpg

自宅へ帰ると、新潟の秋の味「かきのもと」を食すことができた。
新潟や山形では食用菊はポピュラーでおひたしとしてよく食べる。
なんともいえない香りとしゃきしゃきとした食感が私は大好き。

東京で見かけることはほとんどなく、見かける食用菊といえば花弁の短い黄色い菊。「かきのもと」は花弁が長く、なんとも紫色が鮮やかな菊だ。
写真のものはまだまだ色がたりなかったかな。菊は寒ければ寒いほど、鮮やかな色をつける。

e0041324_221314.jpg
この花びらをつばいてゆでておひたしとして食す

「つばく」なんてわからないかもしれないけれど、花びらを取ること。(むしること?)
でもそんな言葉で片付けたのでは、菊の味も半減されてしまうから、
やっぱり「菊をつばく」なんだよねぇ

東京では料亭などで高値で取引されるそうで、紫が濃く、鮮やかなものほど高値がつく。小学生の頃、母親が出荷していて、箱に入った花を形よく並べるのをよく手伝ってたっけなー。
「出荷の時間まで間に合わないよー」なんていいながら。懐かしいわ。
[PR]
by hohohos | 2005-10-07 23:51 | | Comments(2)
Commented by 四畳半 at 2005-10-30 10:20 x
先日はありがとうございました。
東京でもたまぁにこの色の菊を見かけます。
今年も捜してみましたが、未だ見つかりません。
今が時期ですね。今年もたくさんつばきます。(^。^)
勝手ながら、このページにリンクさせていただきました。
事後報告でごめんなさい。
Commented by hohohos at 2005-10-31 09:23
いえいえ。是非、菊の美味しさを「つばいて」味わってくださいね。
関東では菊が彩り程度にしか食材に使用されないですよね。
私的にはゆでた菊をボールにどーんといれて、甘めのだし醤油につけておいて、もりもり食べたい!
こちらにいると、かきのもとは値がはるので、かなりの贅沢になってしまいますが・・・
<< 年忌 Drive >>



テニス始めました♪