酔拳

左ひじ骨折

月曜日の夜、日課になっているお父さんとのお馬さんごっこ。
落ちたら危ないな~とは思ってはいたけど、とうとう落ちた。
それも左腕からどっしーーんと。
こころなし「ボキ」と聞こえたような・・・

案の定大泣きの為、またも脱臼かと救急にかかる。
先生は30代前半?かと思われる整形の先生
脱臼の整復もしてもらうも、ひじを曲げると痛がるため、
レントゲンをとるも骨折も見られないとの事
でも脱臼のときにはできないグーパーや、腕を上げる所作はできる
先生も「うーん」となり、何度も待合室と受診室を往復
jrは先生にぐりぐりうでをおされたりまわされたりして
おお泣き。とうとう明日まで様子をみるよういわれ、それでも痛かったら受診してくださいだって。子供だから、寝て起きたら治ってるかもしれない、と。

翌日。
やっぱりひじをまげる所作はいたがるも、一応保育園に連れていく。
でもそんな状態では受け入れられないから医者へ行ってくれ、だって。
・・・ま仕方ないか。

相方帰宅後に相方行きつけの整形外科へ行くと、レントゲン撮影
jrは昨日もレントゲンで大泣きし、今日もやっぱりレントゲン室で大泣き。
暗い部屋で、「バシャ」という大きな音が怖かったらしい。

結果はひじの内部で内出血してるとの事。
内出血の場合8割方、何らかの損傷があるので簡易ギブスをして後日再度レントゲンにて診断しましょうといわれる。
はー、昨日の救急の先生のぐりぐりは相当痛かったのだろうなーとかわいそうになった。

2日後の今日の診断は・・・
「あー、骨折ですね。ほら、横にひびはいってますよ」
ということで今度は左腕全体をガチガチのギブスで装着
ギブスしてると痛がらないので、本人は普段通りだ
一週間で痛みとギブスはとれるらしいので、長引かないのはよかったかな。
ただ服の着脱は難しいので来週の保育園はどうしようかな―
[PR]
by hohohos | 2010-11-05 06:30 | Jr. | Comments(0)
<< オクラ大好き 2010.10月 読書歴 >>



テニス始めました♪