酔拳

2010.10月 読書歴

『叫びと祈り』梓崎優
同一主人公による短編集
砂漠・スペインの風車・洞窟と各話ごとにテーマがあるんだけど目の前に風景が浮かんでくる。最後に「え?」という結末ばかりで何とも新鮮。今後注目の作家だな

『時の滲む朝』楊イー 天安門事件

『悼む人』天童荒太 号泣 電車では読めないわ

『八朔の雪』『花散らしの雨』高田郁
澪つくし料理帳続編。早く続きがよみたい

『事件現場清掃人が行く』高江須敦
『ラストチャイルド 上下巻』/『川は静かに流れる』ジョンハート
サスペンスもの

『愚行録』貫井徳郎 どんな人間も善悪あるよね、的な?
『天使の屍』 貫井徳郎 中学生の自殺連鎖。親がその真相を探る物語
[PR]
by hohohos | 2010-10-31 12:31 | 読書歴・絵本 | Comments(0)
<< 左ひじ骨折 お友達と、妊婦健診 >>



テニス始めました♪