酔拳

切迫早産!

おなかの元禄ちゃんもぽこぽこよく動くし、心配ごと無しに火曜日妊婦健診へ
23週のエコー検査で元気な様子をみるも、内診台へいくと「ん!」と先生
子宮頸管が短いとの事。切迫早産との診断を下された。
陣痛が起ったらうまれちゃうんだって!

おなかはってたでしょ?と言われるも、よくわかんない。。。
ただ、左下腹部が時々つっぱるカンジがしてたけど、流産手術2回もして、
その時の傷?がひっぱられていたいのかなー?なんて勝手に想像してたんだよね。

ただ、検診の前に時間があったので街中を1時間ぶらぶらと歩いていたことを伝えると
「ダメだよー」との事。疲れは禁物らしい

子宮頸管30mm以上あればいいけど、25mm以下だと入院といわれ、ナント25,9mm!
でも、検診中に25.9mmから27.9mmになったりと収縮している様子。

私は切迫早産の深刻さがわからなかったので「はぁ」というかんじだったんだけど、
先生のほうが焦っているのをみて、「大変なんだー」と実感

新潟に帰るなら、今週中には帰ること。今ならまだ引き受けてくれるかもしれない。
現実今帰ることは難しいので、里帰り出産はあきらめるしかないみたい。

なんでも切迫早産で、早産しちゃうとNICUがある病院じゃないと引き受けてくれないらしい。(今の医院は出産施設がない)
ここらへんだと府中病院。それもNICUがあいてればの事。
あいてなければ都内の病院へ運ばれるらしい。

よく耳にするたらいまわし、って妊婦を受け入れられないんじゃなくて、生まれた子供を受け入れられないから起るのも一因なんだね。

まだ今は800g(と思う。)600gなので、生まれてきちゃうと大変。
とにかく翌日から仕事も休み、寝たきり生活に突入。
いろいろ考えて10月で辞職することになっており、まさに翌日から引き継ぎ業務を始めようとした矢先。社会人としてはイタイけど、命には代えられません。

ただ、昨日一日安静生活してたけど、暇だね。。。
ご飯もつくらない、掃除もしない、なんて楽な生活!と思ってたけど、逆に全く何もできないというのもツライ。。。

去年の8月おたふくの高熱で一週間寝込んだときにベランダからみた空と樹木の景色。
去年見たときの「体が動かない」むなしさの中でみた景色とは異なり
「動いちゃいけない」体で見る景色はちょっと違ったけど、でもやっぱり悲しいね。
[PR]
by hohohos | 2010-09-16 09:22 | 妊婦 | Comments(0)
<< 切迫早産その後 日曜日 >>



テニス始めました♪