酔拳

2010.5月 読書歴

『プロメテウストラップ』福田 和代
天才ハッカーのドタバタミステリ?天才と○○は紙一重的な部分も

『告白』湊 かなえ
図書館の200人予約待ちでやっときた。復讐の執念。怖かった。

『トワイライト1~13』 ステファニー・メイヤー
小説だけど、漫画みたいですいすい呼んじゃう
これは乙女心に火がつくというか・・・初恋のときめき?
DVDまで借りてきちゃった。はまったわ。。。

『早雲の軍配者』よかったね。

『出星前夜』飯島和一
島原の乱。宗教が目的の蜂起ではなく、悪政にたいする蜂起を政府の解釈のいいように
キリシタンの蜂起と名付けられたことがよくわかる。

食べるものもままならない年貢におわれ、飢餓・病気の蔓延
そんな極貧の生活の中でのキリスト教が民の唯一の救いだったということが
細かな描写からひしひしと伝わる。

無宗教の私にとって宗教で争いがおこる外国が不思議だったけど、
生きていくのが八方塞がりな人々にとっての唯一の救いなのかな。

フィクションではあるけれど、本を読み、つくづく平和な時代に生まれてよかったと思う。
[PR]
by hohohos | 2010-05-30 09:31 | 読書歴・絵本 | Comments(0)
<< jr、お魚になる 3歳 うんち騒動 >>



テニス始めました♪
ブログパーツ
最新のコメント
お気に入り
フォロー中のブログ
カテゴリ
以前の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧