酔拳

2010.4月 読書歴

遅ればせながら、4月読書歴

◆『テンペスト』上下巻
琉球王国にて、男装の麗人としていきる孫寧温の波瀾万丈物語
すんごい面白かった!寝食を忘れるほど。でも、下巻はちょっとペースダウンかな
「ベルサイユのバラ」しかり、”男装の麗人”という設定は魅力があるよね

◆『名画で読み解く ハプスブルク家12の物語 』 怖い絵関連で中野京子。

◆『がん患者 お金との闘い』 札幌テレビ放送取材班
 シビアだ・・・がんにだけはなりたくない

◆『ママのおなかをえらんできたよ』
jrに胎内での(生まれる前の)記憶をきくも全く反応なし。。。残念

◆『悩む力 べてるの家の人々』
病をもつ人も、健常者も「話し合うこと」って大事なんだね。

◆『慟哭』 貫井徳郎
宗教にはまっていく姿。
後味が悪い。それにしても『真実と後悔の色』みたいに主人公に救いがないのね・・
[PR]
by hohohos | 2010-05-12 23:49 | 読書歴・絵本 | Comments(0)
<< 3歳 うんち騒動 今年のGW >>



テニス始めました♪
ブログパーツ
最新のコメント
お気に入り
フォロー中のブログ
カテゴリ
以前の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧