酔拳

jr、新幹線に乗る

わが実家新潟では6月初旬の大凧合戦の時期が節句になる。節句になると笹団子をつくり、鯉のぼりもあがっている。ということで、節句にjrと二人で新幹線にのって新潟へ帰省してきました。とっとうは日曜日に試験だったのでお留守番です。
在来線を乗り継ぎ、大宮から新幹線の「とき」に乗車。普段から「バス乗りたい。タクシー乗りたい。(中央線をみながら)新幹線乗りたい」といっていたので、さぞ楽しむかと思いきや、新幹線にのると「これ、あずさ(特急)?」新幹線に乗りながらホームに停車している別の新幹線をみながら「新幹線乗りたい」
きみ、わかってないのね。。。
e0041324_11441064.jpgさて、実家に着いて池の鯉にえさをあげるjr
えさをあげるのが楽しいらしくてその場を離れません。えさがなくなると砂利をつかんで「おさかな、(砂利)たべる?」と、答え次第では砂利を投げようとする.まてまて・・・
そして、おばあちゃんが作っている畑に苺と空豆をとりに行く。
jr、イチゴ摘み初体験。

e0041324_11493239.jpg
相当楽しかったらしく、離れたがらないjr 「だんごむし!」と虫もみつけてご満悦だ。
夕方、また外にでると一人でイチゴ畑へ歩いていき、戻ってくると手をつないで「一緒にいこう」とイチゴ畑へつれていかれた。イチゴ摘みしたくてたまらないのね。そりゃ、楽しいよね。私も子供の頃楽しかったもの。

e0041324_1345072.jpg
空豆もお外でさやむきをお手伝い。空豆大好きなjrのために、ばあばが初どりの空豆をたくさんたべさせてくれました。東京じゃもう終りそうな空豆も、新潟では旬。初物はやっぱり柔らかくて、甘いね。
[PR]
by hohohos | 2009-06-06 11:43 | 新潟 | Comments(0)
<< 凧合戦で記念撮影 地でいく、いやいやえん >>



テニス始めました♪